だから私は選挙に行ったんだ。

なぜ私はそれを知っているにもかかわらず、選挙に行ったので、何もできません。ですから、私の日常生活の芸術からのこの記事では、私がその選挙に行くために私を促したかについて説明します。

誰もが知っているように、昨日、ポーランドの市民は彼らの貴重な声を寄付することができました。確かに、セムと上院への選挙で彼の選ばれた候補者に。言い換えれば、昨日、私たちは人の民主的な選挙のように選びました。私たちの名前、または社会では、私たちを市民のためにより良くするために行うことになっているのです。

まず第一に、私たちが民主主義国家に住んでいるというのは事実ではないという事実から始めることができます。正直に言うと、ポーランドには民主主義というものは存在しません。なぜなら、これは我々が国家として何らかの影響を及ぼすと考える方法ではないからです。

だから私は選挙に行った、秘密はない。
だから私は選挙に行った、秘密はない。

しかし、なぜ私は選挙投票に行ったのか。

投票率を上げるには?

まず第一に、これまでのところ、それは一般の人々と私たちの間に住んでいるので。自由が受け取られたところで、私たちは一緒にいなければなりません。なぜなら、団結には、この知識を支配する強さと、それらのメンディがあるからです。

これは、とりわけ、人々を絡み合わせるためにあらゆる方法で試みています。サッカークラブ、宗教、信仰が別の神にあるのはこの理由です。その結果、あなたはスポーツ競技を発明した後だと思います。さらに、移民、ドゼンダーのイデオロギー、その他の多くの人々は、私たちと何が違うかの例です。

彼らが何をするか、そしてその後、私が言及したように、我々は人々がそれらを置くことができませんでした。同様に、農民が城に移動している古い時代のように、彼らはそのような邪悪なワオダルツを取り、卵の後ろにハングアップする可能性があります。さらに、彼らは彼らが過剰に持っているものを取ります。

しかし、私はポーランドと世界の一種である民主主義の話題に戻ります。ですから、もし民主主義があるのなら、なぜFacebookは自分の意見を持っている人の選挙の前にブロックしているのでしょうか。彼らは世界で何が起こっているのかを知っているので、彼らはかつてのように奴隷制の時代を取り戻しています。フェイスブックが私をブロックしたので、私は選挙に行った理由かもしれません, 私のライブ放送. ただ、私はこのがらくたと私たちが今あるSzambaについて私の意見を持っているので、私はライブで話すことができない理由。

だから選挙に行ったんだ

これが私の義務だと信じてるから しかし、彼は、私たちはシステムの奴隷であるので、私たちの存在を変えるものは何も、トラフでこれらの豚を理解しています。まだほとんどお金を持っていない、それがいくらではないだろうか、ので、まだ彼らの欠如とindosytを感じます。まず第一に、お金はただの道具です。さらに、このツールは不適当な人々の手にある。なぜなら、彼らは病気で、とにかく使わないものを持っているというマニアに取り憑かれているからです。

なぜ私は選択に行った、私はこれが何かを変更することを望む場合、私は思わない。
なぜ私は選択に行った、私はこれが何かを変更することを望む場合、私は思わない。

しかし、最も重要なのは、ここで昨日の選挙結果を見ることができます。また、あなたが空想するように、私は私の人生の芸術のページにあなたを招待します。

あなたが信じていないように、それは実際にポーランドのように見えます, その後、最高を示すこの短いビデオを参照してください。

 

Dodaj komentarz

Witryna wykorzystuje Akismet, aby ograniczyć spam. Dowiedz się więcej jak przetwarzane są dane komentarzy.

Powered by WordPress.com. Motyw: Baskerville 2. Autor motywu: Anders Noren.

Up ↑