溶接の技術は私の毎日の仕事です

だから私の溶接芸術は、このエントリのテーマです。溶接のさまざまな方法と、一緒に溶接できる材料について説明します。そのため、溶接方法や技術について学ぶ機会があります。また、私が使用する溶接機の種類だけでなく、説明します。

メタルミニオンポーランドによる金属溶接アート
メタルミニオンポーランドによる金属スクラップ溶接の技術

まず第一に、溶接プロセスがどのように見えるかを知りたいという願望がある場合。また、職人溶接機が使用するツールも。  このエントリは各個人に適用されるためです。しかし、ある程度やりたい人や、すでに溶接機を使用している人。言い換えれば、私は私のライフアートでしばらくの間、すべての未来と現在の溶接機を招待します。

まず、どのような材料を組み合わせることができ、どのようなタイプの溶接機が一般的に適用されますか?
第二に、スクラップ溶接の本当の芸術がどのように見えるかを知っていますか?
既に述べたように、私の場合、スクラップ溶接の技術が実践されるか、むしろ使用されています。だから私は金属スクラップや鋼材の溶接について何かを知っています。

溶接の真の技術は、我々は右の材料と右のツールを選択する方法であるため。
実際には、芸術だけでなく、業界や溶接することができる工芸品の他の多くの分野で使用される多くの材料があります。したがって、溶接の多くの方法と技術があり、これらは次のとおりです。

  1.   まず、溶接機が金属を全体に組み合わせることができることを知っているように。
  2. 2番目の方法または技術は、ろう付けされるもののように、バインダーがスズであることが不可欠です。
  3. 第三に、金属溶接が言及され、その場合、材料はポイントに溶接されます。

しかし、最初の半自動溶接の技術。

まず第一に、彼は個人的に金属溶接技術のこの種を好み、適用します。だから、半自動溶接機のMig-Magタイプを持つこの溶接技術は、私が必要とします。それは必要ではありませんが、それは確かにシールドガスです。これは、ガスを消費しない溶接機があるが、そのためには、右のワイヤー、すなわちバインダーをストックする必要があるためです。また、溶接品揃えに応じてガスも重要です。

  1. 第一に、それらは可燃性ガスである。アセチレン(C2H2)やプロパン(C3H8)など。彼らは(ガス切断の場合)カットの高品質である特性を有する。次に、これは切断および切断および低酸素消費のための短い開始時間である(他の可燃性ガスと比較して)

しかし、私はトピックに戻って、どのような金属を一緒に溶接することができますか?

  1. 第一に、金属鋼スクラップは、アーティストの間で最も一般的に結合された材料です。
  2. 第二に、非鉄金属はそれ以外の色付き金属である。そして、これらは光沢と良好な熱伝導性によって特徴付けされます。
    また、軽金属や重金属もあります。
  • 軽金属は密度が4・5g/cm3未満の金属です。さらに、それらは周期系の要素のIおよびIIのグループからの金属を含む。
  • 重金属は4.5g/cm3以上の密度を持つ金属です。

そこで、いくつかの標準工具、すなわち溶接機を紹介します。私が言及するすべての溶接機ので、私はそれを少し説明しようとします。何が使われているのか、何が使われているのか、なぜ知っているのですか?

私はそれを自分で使用するという事実のために、私は溶接機タイプMiGとmagから始めます。ただし、溶接性能の品質に影響を与えるオプションがいくつかあります。これは、技術的なガスタイプの酸素、アルゴンまたは混合物のカバー下の溶接と呼ばれます。ガスの使用は、とりわけ、私たちは異なるグレードと鋼合金を溶接することができます。しかし、MIG/MAG法では、溶接材料と電極の間で電極との間に電極がワイヤーの形で曲がります。さらに、流入またはアクティブな気流は、液体金属の弓と池を保護します。したがって、この方法は、ほとんどの材料の溶接に適しています。そして、溶接を開始する必要がある唯一のものは、それに応じて異なる金属、電極ワイヤとシールドガスをピックアップすることです。

 溶接機、電極、

これは、方法の汎用性と使用される機器のシンプルさによるものです。さらに、棒電極による溶接は最も普及した溶接方法の1つである。正直なところ、それはメンテナンスや修理業界で支配的な方法です。代替方法の人気が高まっているにもかかわらず、- フラックスコード溶接 – SMAWは、鋼構造や工業生産の建設に広く使用されている方法のままです。しかし、アルミニウム、ニッケル、銅合金も溶接できます。
もちろん、MMA技術で溶接する場合、シリンダーは必要ありません。しかし、これらの溶接機には、その価格である1つの大きな欠点があります。

最後に、これは私のスクラップ溶接の私の芸術がどのように見えるかです。

そして、それは私の毎日の生活の中で私に付随するものです。約2年間、私は金属から驚異のすべての種類を溶接してきました。例えば、リサイクル照明付きのスクラップメタル彫刻は、私にとって特別です。私の溶接芸術は、これらは主に比喩的な彫刻です。しかし、私は最も好きで、私は本当に映画の卑劣な私や手下が作っている手下を溶接するのが大好きです。

3メートル以上の高さで素晴らしい彫刻を溶接する技術
3メートル以上の高さで素晴らしい彫刻を溶接する技術

個人的に何溶接機については、私は技術的なガス混合物でこの最も頻繁にMIGを使用します。しかし、電極を溶接することで対応できます。

しかし、最も重要なのは、私の溶接芸術は、装飾としてスクラップメタルの彫刻だけではありません。私は装飾芸術と機能性を組み合わせるという意見だからです。したがって、私の彫刻は溶接された金属で作られています。また、近代的な照明3D装飾Ledです。

私の溶接芸術がどのように展示されているかをお見せしたいと思います。ですから、私はワロホリキエムなので、私の作品が喜びに満ちているかどうかを見ることができる私の人生の芸術にあなたを招待します。

Dodaj komentarz

Witryna wykorzystuje Akismet, aby ograniczyć spam. Dowiedz się więcej jak przetwarzane są dane komentarzy.

Powered by WordPress.com. Motyw: Baskerville 2. Autor motywu: Anders Noren.

Up ↑